報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の副反応、死亡のツイートが多すぎて戦慄!(ブログ「泣いて生まれてきたけれど」より)


ワクチン副反応投稿例(「新型コロナって何?皆で真実を知ろう、語ろう」より)


コロナ根拠なし 日本の機関(「prettyworldのブログ」より)
コロナはないと認めた世界の機関

HOME > バックナンバー > 21/7月記事

河野大臣「米国で新型コロナワクチン2億回も死者ゼロ」は嘘
〜米国でワクチン死は約6,000人、ワクチン接種後に一気に上昇

「アメリカで新型コロナワクチンを2億回打ったが亡くなった人は1人もいない」。人気ユーチューバーのはじめしゃちょーと河野大臣とのYOUTUBEでの対談の1コマである。遥か昔の昭和の時代、TVと新聞だけが主流の情報鎖国社会だった頃、こういわれれば多くの人が疑わなかったかも知れないが・・・。


【YOUTUBE】河野大臣…コロナワクチンって本当に大丈夫なん…?

米国でのワクチン死は約6,000人、ワクチン接種後に一気に上昇

今やTVや新聞はオールドメディアと呼ばれ、人々の情報収集のメインストリームはネットやSNSがとって代わっている。

はじめしゃちょーと河野大臣との対談動画は、見る人間が見れば、新型コロナワクチン接種推進のためのキャンペーンCM動画であることは明白だが、今の時代、「アメリカで新型コロナワクチンを2億回打ったが亡くなった人は1人もいない」というような嘘は通用しない。

この動画がアップされたのが7月2日。すでに、アメリカでは「ワクチン死亡者数、衝撃的な急上昇」という前代未聞のことが起きていた。(21/6/12)

https://www.thegatewaypundit.com/2021/06/shocking-jump-vaccine-deaths-reported-week-cdc-linked-vaers-tracking-website/

ワクチン死が約6,000人、ワクチン接種後に一気に跳ね上がっている。

【記事要約】
2021年の5ヶ月足らずでワクチンに関連した米国の死亡者数は、過去10年間の全死亡者数よりも多い。

今年のワクチンに関連した死亡者数は絶対的に急増している。CDC独自のデータによると、2021年の最初の3カ月間で、米国でのワクチンによる死亡者数を1,750人以上記録した。 その数は現在、5,997人となっている。

329,021件の報告(2021年6月4日まで)
死亡数 5,888人
入院 19,597
緊急医療 43,891
オフィス訪問 58,800

アナフィラキシー 1,459
ベル麻痺 1,737
生命の危険 5,885
心筋梗塞 2,190
心筋炎/心膜炎 1,087
血小板減少症/血小板低下症 1,564
流産 652
重度のアレルギー反応 15,052
身体障害者 4,583

さらに、河野大臣は、「身体が磁石になるなんてデマです。あり得ない」と一笑に付しているが、ニコ動に関連の動画が多く挙がっている。とてもイタズラでやっているようには見えない。これにはワクチンに含まれる酸化グラフェンが関連しているともいわれている。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38838826


ヘルスネットメディア

Copyright(C)GRAPHIC ARTS CO.,LTD. All rights reserved.